バニラの「心配いらんから」





バニラとはウチの次女猫のこと。


ぜひ闘病中、入院中、その他元気のない方々に見て欲しい!


自分が闘病中なので、イメージは「落ち込んだ時、もしバニラがこう言ったなら」と考えて作った。


入院した病棟でも、たった一人の部屋のテーブルでも少しは前向きになれるかな?と。


辛いことは一瞬忘れて「そうだね」と言えるでしょう。「心配いらんから!」

にゃにかようかTシャツありがとうござます

ありがとうございます。
お買い上げ頂いた方がどなたかわかりません。
直接お礼を言えるかわかりませんがここに残します。


ウチの長男猫の黒猫チョコは呼ぶと振り返りざまに
「ニャー」と一鳴きします。


それは訳すと「何か用か?」と言っていると
勝手に思っています。
だから「にゃにかようかTシャツ」と思い浮かびました。
でもつまらないのでもう一ひねりして
「7日8日Tシャツ」と名付けました。


こんなおちょくったような製品に
お金を出してくださってありがとうございます。


わけもわからない製作者に情報を伝えるのは怖いかもしれませんが
もし購入した方の情報も教えてもらえたら
今度はおまけも送れるように頑張ろうと思います。


画像



Tシャツはここで購入可能です。↓↓
https://suzuri.jp/TAKURADANEKO/1672876/t-shirt/s/oatmeal


ボクは闘病中で病気と闘うということがわかりました。
でもいつも明るくしていることの大切さもわかりました。
だから苦しんでいる人に少しでも
力が抜けて、楽になれるような時間を
一瞬でも持って欲しいと思いTシャツを作りました。


もし大変な中頑張っている人がいたら心から応援します。

薬の話(退院後)

どんな薬を飲んでいるかは結構重要な個人情報らしい
でも自分ほどの人間が何を飲んでいるか話しても大差ないと思う


むしろ他の心不全の人が読んで
量を比較したり種類を参考にしてもらった方が嬉しい

画像



服用している薬(右から)
アゾセミド ×2→オレンジ色のもの 利尿剤
サムスカ×2→ 青色のもの 利尿剤
ビソプロロール→0.6と書いてある 心臓を保護する
アムロジピン→オレンジのラインの物 血圧を下げる
エナラプリルマイレン→青文字のもの 血圧を下げる
フェブリク→オレンジラインに黒文字 尿酸値を下げる
スピロノラクトン→一番大きい錠剤 利尿剤


作用はネットで調べられるので何の薬かざっくり書いた
ビソプロロールというのだけは朝夕食後に服用して
他のものは朝食後だけに飲んでいる


ボクの心不全の症状は主にむくみ
そして肺に水がたまる呼吸不全だった
入院して利尿剤を使い始めた時は1日に3000㏄以上もおしっこが出た時がある


退院して一ヶ月以上この種類の薬をこの量だけ飲んでいる


心不全で治療を受けている方がいたら是非頑張って下さい
心不全だけでなくすべての闘病している方々へも
同じ気持ちです

たくらだ猫の猫GOODS

猫好き、猫可愛がり、とにかく無条件で猫が好き。
意外にもそんな人は世の中に沢山いる。


もっとも猫は自己中で嫌だという人もいるが、そこがいいのだ。


猫自身、自分のことを可愛いいとか好きだと思う人を見分けてるように思う。
それ以外の人には興味無いようにそっぽを向いたり、避けるように行動する。


そんな猫に「にゃーん」と言われてデレっとしない人がいるだろうか


病気になり、入院し、命もヤバイなとなった時
深刻になりすぎないように気を紛らわせてくれたのは家内と猫たちだった。
あの自己中な猫たちなりに心配してくれたようだ。


猫はご主人様の気持ちを落ち着かせるのに自分たちなりに行動するのだ。
これはきっといろんな事で苦しんでいる人たちに癒しになるかもしれない!


癒される猫グッズを作ってみようと思い立った。
落ち込む時ふと見て欲しい。
力が抜ける猫たちのグッズ。


画像



ウチの猫たちは三匹。
黒猫チョコ。12歳で一番甘えっ子でよく鳴く。
変形ハチワレのクッキー。姉御肌。
クリームサバ茶のバニラ。末っ子なのにもう婆ちゃん。


みんな捨てられ猫の拾い猫。
だけど三兄妹。可愛がってください。

治療費のこと

昨日(4/5)は病院の予約外来の日。
循環器内科に行ってまいりました。


前回の外来時は退院して仕事を復帰したばかりだった。
そのため、寝る、起きる、食べる、薬飲む、血圧を測る
全部不規則になって少し数値を崩し体調下降ぎみ。


先生には「体重に気をつけてもし今より2キロ増えて80キロになったら
(お恥ずかしいが誰かの役に立てばと思い体重も明かす)
入院待機になるかもしれません、その時は予約日ではなくても電話をください」との事。


それ以来、生活を規則的に就寝、起床、服薬、そして
薬が効く頃を見計らって血圧も測ることにした。


その甲斐あって今回は大変数値が良く、体重も減り
採血の結果も数値が改善され心臓・腎臓もちゃんと機能してる。
先生も心不全の症状も改善され回復傾向ですねと。


そのため、次回は5週間後の金曜日に外来予約となった。
これは嬉しい!


しかしこれまで2週間分の薬代が5週間分の支払いに。
割合から言えば同じなのだが、いっぺんに2.5倍はやはりキツかった。


でも闘病中の方で同じ思いをしている方が必ずいるはず。
その辛さはわかります。
闘病は体力、気力も使いますが、確かに費用の面でも重くのしかかります。


知恵と工夫で乗り越えるよう応援します。


猫たちは自分の名前を知っている

ウチには三匹の血縁じゃない兄妹猫がいる。
みんな拾われてきた猫たち。


猫たちは自分の名前を覚えている。
例えばそれぞれの名前を呼んでみる。


猫は面倒くさがりなので大げさに返事をしたり振り向いたりはしない。
耳をこちらに向けて「聞いてるよ」的な反応をする。
たまに機嫌が良いと尻尾を大きく振ったり、寄ってきたりする。


一番年上の長男猫のチョコは変わっている。
もう人間と暮らし十数年。
すっかり意思疎通ができる。
そして兄妹一の甘えっ子でニャーニャー鳴く。


これは子猫時代に拾われて十年近くひとりっ子だった。
だからボクと家内二人の愛情を一身に受け育った。
だから妹たちが家に来ても自分が一番だと思っている。


それで「チョコ?」とか「チョコラー?」とか呼ぶと
「ニャー」とか振り返って「何?」みたいな返事というか反応をする。


その姿を見てボクらは「にゃにかようか~」と言ってるように見える。
それが可愛くて何度も用もないのに「チョコー?」と呼ぶ。


その姿を見て家内がイラストにしてくれた。
それがこれ  ↓↓↓


画像



本当は首輪や蝶ネクタイはついていないが
つけたほうがかわいいし、実際つけていた時期もあった。
でも本人は嫌がっていたのでつけないことにした。


イラストは少し盛っていてるボクらの妄想が入っている。


そんなチョコのTシャツも作ってみた。
今年の夏はこれを着ようと思っている。
https://suzuri.jp/b2Iq9DfK06ITSWN/1672876/t-shirt/s/white

アナキン・スカイウォーカーになった日

呼吸と心臓への負担について書きます。

心臓の機能が弱ると身体に余分の水分がたまる。
その水分は肺にもたまる。

肺に水が溜まってくるとまた心臓に負担がかかる。
このように負のスパイラルが始まるので、一刻も早く体の水分を体外に出す必要がある。

大抵、利尿剤を使っておしっことして体外へ出す。
それまではあっという間にものすごく体重が増える。

自分の場合、一ヶ月位の間に10数キロ体重が増えた。

体重が増えると当然、睡眠時無呼吸症候群の症状が出る。
つまり、寝ている間に喉や鼻の気道が詰まり気味になって息ができない状態が多くなる。

これは体に酸素が不足するので当然体にも心臓にも悪い。

その無呼吸について検査するために写真のような機械をつける⬇⬇



画像


一晩中体に巻いてその間の呼吸状態を調べる。


写真ではまだむくみが完全に取れていないので、あごのたるみが悲しい。
お恥ずかしいが、誰かの役に立ってくれればと思う。
あごがこんなになったら、要注意だ!


機械について言えば
鼻と口のところにセンサーがあって呼吸を感知できるようになっている。
指に血管内の酸素量を計測するセンサーも付ける。
また体の向きが、右か左か、仰向けかも判断し一晩中それを記録する。

それはまるでダーズベイダーの内部のようだ。
ダースベイダーがダークサイドに堕ちる前の名前なんだっけ?
と、家内とのメールで話題になった。

いろいろやりとりをして「アナキン」だ!と気づく。
その晩は、一晩中アナキン・スカイウォーカーになっていた。


※医療関係者ではないので正確ではないところはお許しください。

ユーモアは恐怖を乗り越えるか

入院して思ったことは
痛くもかゆくもない検査は大歓迎!
明日痛い検査があると予想しただけでその日一日憂鬱

そんな時ユーモアで笑っちゃおう!
声に出して笑えなくても笑顔でいよう!
と思った。

その方が楽に過ごせるのだ

そんな経験から考案
こんなTシャツを着ていけば看護師さんも患者の皆さんも笑ってもらえるか?

いや、誰も笑わなくても自分で微笑めばいいのだ!

Tシャツのデザインは家内だ
二人で「病気で困っている方々に癒しを。
闘病と癒しを結びつけてアイディアを出そう」と相談していた。

デザインの原画はこれ⬇⬇

画像



ウチの長男猫のチョコは完全に名前を把握している。
「チョコ」と呼ぶと面倒くさそうに「にゃー」と振り返る。
一応返事しているつもりかもしれないが
「にゃにかようかー」と言ってるかのよう。

そこで7日8日Tシャツと命名!


製作はSUZURIというサイトにて。

https://suzuri.jp/b2Iq9DfK06ITSWN/1672876/t-shirt/s/white

心不全の症状

心不全とは病名ではなく病気の症状を指す。
だから心臓のどの機能が低下しているかによって症状の表れ方も変わってくる。

自分の場合、最初に肺に水がたまり咳が出た。
多分体は肺の水を出そうとして咳を起こしていたのではないか。
だから最初は風邪だろうと思った。

この状態を肺喘息ならず、心臓喘息というらしい。

尋常じゃないくらい痰がたくさん出てティッシュを使った。
肋骨が折れたんじゃないかと思うくらい咳をすると胸が痛かった。

今思えば、いつもの風邪の症状と違ったと思う。
体の熱よりも、疲れやだるさや息苦しさが辛かったと思う。

何よりも肺に水がたまると横になって眠れない。
肺の水が重力の関係で肺いっぱいに広がるからだと思う。

「寝ると苦しくなる」は危ないサイン。

もしこれを読んでいる方でおかしいと思った方は迷わず病院へ行くことをお勧めします。

心不全の再発

体のむくみをバカにしてはいけない!
心不全は経験してるから大丈夫、という慢心も大注意!


自分について言えば昨年の11月ごろから体がむくみ出した。
たった一ヶ月後の12月には体重が約20キロ増加。
1月に入り、呼吸をするのも苦しくなる。

1月の下旬に大事な用事があること、母の転院があること
これが終わったら、自分の病院へ行こうと考えていた。

1月20日の日曜日、これ以上我慢したらヤバイ!と思い次の日の仕事の休みをもらって病院へ。

外来で血中酸素を測ったらすぐ車椅子に座らされと酸素吸入開始。
レントゲンを撮って先生と面談したら緊急入院となる。

かくして当日のうちに市内の医科大病院へ入院となった。
「少なく見積もって3週間。それ以上の入院になるでしょうね」と先生が。
その言葉通りだった。

体の水分を取るのに4週間。
いろいろな検査をするのに1週間半。
約5週間の入院が始まった。

体重の増加がどうしても止まらない。特に下半身。
なんかいつもより息苦しい。
すぐ治るけど、階段坂道があるとしんどい。
風邪でもないのに咳が止まらない。

こんな症状があったらなるべく早く受診したほうが良い。
早ければ早いほど回復への時間も早くなると思う。



※これは個人の経験と感想です。医療従事者ではないので正確でない可能性があります。